東京、日本橋のデルタエッジコンサルタント株式会社は、業務改善、ITマネジメント、リスク管理に関するコンサルティングサービスを提供します

IT戦略策定支援サービス

概要

現状のIT環境を把握し、課題を明確化した上で、全社の経営戦略や各部門の事業戦略との整合性を図りながら、短期的、将来的なIT環境のグランドデザインや改善計画を策定する支援を行います。検討対象はITアーキテクチャや標準化といった面ばかりでなく、自社のIT環境を運営するための、アウトソースの活用を含めた組織体系や人材育成の方針等も含めます。
最終的には、経営戦略とIT戦略とを融合させ、マネジメントする仕組みとしてのITガバナンスを確立させるよう、支援いたします。

IT戦略を策定する必要性

IT領域に限らず、企業活動においては行動する前に計画を策定することが重要です。IT戦略が策定されていないと、案件の都度解決を図らなければならないため、結果として全体最適を確保することが難しくなります。

  • 経営戦略や事業戦略と適合しない情報システムを構築してしまい、すぐにシステム再構築の必要性が生じてしまった。
  • PCのOSがサポート期限を迎えるにもかかわらず、入れ替えのための予算や業者、等の確保ができなかった。
  • 各部門の要望に応じて都度、異なる業者の製品やサービスを購入してしまい、管理作業が煩雑になったばかりでなく、購入費用も高くなってしまった。
  • 個別最適で情報システムの導入を進めた結果、全社で活用すべきデータが統合されず、同じ内容のデータが様々な形式で分散配置されてしまった。
  • シェアやマーケティング活動の情報のみで製品や業者を選定してしまい、社内のシステム環境全体の柔軟性が損なわれてしまった。

IT戦略を策定する上での課題

IT戦略の策定が必要だと認識していても、実際にIT戦略が策定できない企業や組織は数多く存在します。その理由としては、以下が考えられます。

  • 情報システム部門やIT担当者が存在しない。
  • IT担当者が専任でないため、IT戦略の策定を行う余裕がない。
  • ITに関する知識を有する人材が見当たらない。
  • IT戦略を策定するにあたっての進め方がわからない。
  • ITに関する知識に偏りがあるため、幅広い領域をカバーできない。
  • IT担当者は業務知識や業務部門とのコミュニケーションが不十分であるため、技術指向的な戦略策定となりがち。

弊社はこれまで様々なシステム環境を経験してきております。また、 IT部門と業務部門、及び経営層との間に立ってコミュニケーションを進め、企業や組織の特性に見合ったIT戦略の策定を支援していきます。

サービス内容

IT戦略策定支援サービスの内容は、以下の通りです。

1.現状把握

ヒアリングや調査票、及び様々な資料の確認により、以下の内容を把握します。

  • 現状の情報システム環境、ITインフラ環境やITサービス、及び外部事業者、等の把握
  • 経営戦略や事業戦略、競合他社動向、等のビジネス面に関する状況の把握
  • 経営陣や事業リーダー、ITリーダーが抱く、現状での懸念やITに対する期待等の確認
  • 最新のテクノロジー動向や業界動向、等の調査

2.課題抽出と方向性確認

現状把握の結果から課題とその原因を抽出し、その解決に向けた方向性を確認します。

3.ITビジョンとIT戦略の策定

企業・組織として目指すべきIT環境の全体像を取り纏めます。その後、IT資産、IT投資、ITプロセス、IT人材の観点でIT戦略を策定します。

4.施策の特定とロードマップ作成

上記で策定したIT戦略に基づき、具体的な施策を特定します。施策に対して優先度を設定し、ロードマップを作成します。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6869-8336 受付時間 10:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)
電話応対できない場合は、 「お問い合わせ」のページから ご連絡ください。
なお、上記電話番号を使用した勧誘や営業行為の連絡等はお断りしております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © デルタエッジコンサルタント株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.