専門家によるニュース解説サイト「JIJICO」に弊社コラムが掲載されました。


世界的に増加傾向のキャッシュレス決済 日本での普及に向けた課題は

先日、イオンは国内のグループ店舗にVISAのタッチ決済端末を導入することを発表しました。このようにキャッシュレスに関する様々な取組が行われていますが、実際には未だに現金決済が主流です。欧米などの主要国のほとんどではキャッシュレス決済は5割を超えていますが、日本では2割にも満たない状況です。

キャッシュレス決済を利用しない理由として「あえて利用する機会や必要がないから」という意見が多く見られます。しかし、昨今増加する一方の訪日外国人は、上記の統計結果に照らすと、その半分が日常的にキャッシュレス決済を行っている人々となります。つまり、国内の至る所でキャッシュレス決済を行える環境を整備することが、観光立国を目指す日本にとって急務であると考えます。

ご関心のある方は、ぜひご覧ください。