専門家によるニュース解説サイト「JIJICO」に弊社コラムが掲載されました。


多発する中高生のサイバー犯罪-誰でも起こせるのか?

最近、中高生によるサイバー犯罪が多発しています。

「このスキルを有効活用しよう」と言う有識者(?)もいるみたいですが、大半はスキルが高いのではなく、ネット上の情報やツールを「コピペ」して利用している程度です。

しかしながら、こうした未成年によるサイバー犯罪によって、セキュリティ対策が不十分な企業のデータが破壊されたり、搾取されたりするリスクがあります。また、未成年者による攻撃は標的型攻撃の様に何かの目的をもって攻撃対象を決めるのではなく、セキュリティの不十分な企業を無差別に攻撃する可能性が高いので注意が必要です。

記事ではこうした犯罪を起こさないため、テクニックだけでなくITモラルの教育にも注力すべきだと結論付けておりますが、企業側もこうした「コピペ」されたツールによる攻撃を検知し、撃退できるよう、最低限の対策を行うべきです。

ご関心のある方は、ぜひご覧ください。