専門家によるニュース解説サイト「JIJICO」に弊社コラムが掲載されました。


佐賀県教育情報システムにおける不正アクセス事件から学ぶこと

先日、佐賀県で発生した教育情報システムへの不正アクセス事件は、17歳の少年による犯行ということで注目されました。
しかし、詳細を見ると、少年のハッキングスキルが高いというよりは、システムの運営側に問題があり、「人災」と考えられます。そして、多くの企業や組織でも同様のリスクが潜んでおり、常に危機意識を持ってシステムの運営や利用を行う必要があると考えております。

ご関心のある方は、ぜひご覧ください。